今回はカバン(カメラバッグ)についてのお話

どこに行くにも必ず一眼レフカメラを入れてきたので、自然とバッグはカメラの収納性重視。

通勤時もそのままカメラバッグ。最近までずっとDOMKE(ドンケ) F-2BBを持って通勤してました。もちろんカメラも一緒です。

FUJIFILMのXシリーズを使い始めてからは手持ちのバッグが大きすぎるのが玉に瑕。カバンに空きがあると機材をあれもこれもとどんどん詰めて、結局使わなかったのに重くて疲れたみたいなことが多いので。

ONA(オーエヌエー)の一番小さな“Leather Bowery(レザー バワリー)”に目をつけるもオールレザー製品はちょっとお値段的に手が出ない…。と言うかカバンに3〜4万出すなら私はレンズが欲しくなる。

そこでふと思い出したのが同じく“Bowery(バワリー)”という名のワックスコットンキャンバスモデル。かなりいいお値段のONA製品の中で、かなり良心的なこのモデル。仕事終わりにお店に寄って吟味し、買ってしまいました。

 

ONA(オーエヌエー) Bowery カメラバッグ スモーク

20160327-13288-Edit-Edit-1

さすがに自撮りはめんどくさいのでサイズ感がわかりづらいですが、かなり小型で可愛い感じのバッグです。

20160327-13309-2

20160327-13312-1

収納力がちょっと心配でしたが、実際にX-Pro2にレンズをもう一本入れてみるとこんな感じ。両サイドにもポケットがあるので、スマホや露出計も入ります。

収納イメージこんな感じ。

20160327-13292-1

どうです?Leicaの収納例が多いブランドだけに、クラシカルなXシリーズのスタイルにもすごく似合うと思います。

明日からカメラを入れて持ち出すのが楽しみです。

バッグが気になった方は以下からどうぞ。