しばらくFUJIFILMのカメラで写真を撮っていたなかったんですが、見返してみると新しいレンズで撮ったやつが出てきたので幾つか投稿してみます。

X-Pro2 with XF23mm F1.4 R

20160513-13339

会社帰りに歩道橋の上から捉えた一枚。車のヘッドライトの効果でドラマティックに。

20160514-13642

写真を撮っている人もフォトジェニックですよね。夕日の反射がちょうど重なる位置まで移動して撮影させて頂きました。

20160515-13288-2

20160514-13689

20160522-13613

20160522-13618

絞り込んだ時の光芒が綺麗に出ています。このレンズは7枚の奇数枚絞りなので、光芒は倍数の14本現れます。(偶数枚の絞りの場合には絞り枚数と同数の光芒が生じます)こういった部分もレンズ選びのポイントになりますね。

昔は単焦点レンズで一本だけ選ぶなら画角は35mm相当のものを挙げていたんですが、久々に使ってみると思ったよりも広角だな、と感じてしまいました。

FUJIFILMはXF35mm F1.4 Rが寄れるし画質も良いしで優秀過ぎましたからね、50mm程度の画角が身に染み付いてしまいました。

ちなみにXF23mm F1.4 Rの画質や使い勝手の感想について簡単に触れておきますが、フジノンXFレンズの中でも結構評判の良いレンズであったと記憶してますが実際は絞り開放付近は大口径レンズらしい緩さ(もちろん優秀なXFレンズ基準でという話です)や色のにじみはあります。

X−Pro2での使い勝手でいうと、OVF使用時には大きな花型フードがフレームインしてくるのが気になりますね。かといって外すのも何となく癪だし…。サードパーティー製のねじ込み式スリットフードを見た目重視でお使いの方も多いようですが、フロントキャップのサイズが変わるようでそれも不便で我慢してます。

X-Pro2には先細りデザインでOVFとも相性の良いF2単焦点シリーズも人気のようですが、私はAPS-Cというフォーマットの特性上できるだけ明るいF1.4の単焦点レンズを選びたいと思っています。