三脚はGITZOのカーボンと決めている。

三脚って皆さん使われてます?私もあんまり多用はしないんですが、いざという時のためにといった意味合いで一応所持しております。下手に撮影機材について見聞きする仕事をしているので、良いものが欲しくなってしまう性分で、三脚はGITZO(ジッツォ)しか使いません。最近は中国製のカーボン三脚も良くなってきてるんでしょうが、やぱりGITZOのカーボンを使ってしまうと他は選べない…。

ここ数年で購入したGITZOのカーボン三脚は通算4本目。贅沢に聞こえるかもしれませんが、財政難になるたびに手放しているので今あるのは1本だけです。

初めて購入したのはスタンダードなマウンテニアの2型4段。

続いて一眼動画撮影で大型ビデオ雲台を使用するためにシステマティックシリーズがベストであったために購入したシステマティック4型5段。現行の一つ前のモデルでしたが、当時に初めての本気三脚として摩天楼から飛び降りつつもりで購入したGITZO三脚でした。まったく不満なく使用していたものの、個人的に一眼動画の波が押し寄せた際にビデオ雲台を取り付ける際に水平出しのために雲台下にレベリングユニットをかませる必要があり、重心が高いことが徐々に気になり売却しました。

 

4型5段は段数こそ多いものの脚の太さが太いため安定しており、縮長が48.5cmと非常に短いのが特徴です。雲台を含めても国内線の航空機の手荷物にできる60cmに収まるため、性能と使い勝手と持ち運びの利便性で最高の三脚と感じておりました。(ちょっと伸ばすのめんどくさいですが)

 

 

システマティックシリーズということで三脚の雲台基部が換装できるため、上のようなビデオ雲台のハーフボールを受けられるお皿を取り付けたり、センターポールに付け替えたりが可能です。

買い揃えましたが出費は辛かった…。

良いものを知ってしまうと欲が出てしまうもので、この後に買い増したのがトラベラータイプの1型4段三脚。

 

こちらも当時購入したのは一つ前のモデルでしたが、同じく雲台なしのセンターポールが少し短めになったタイプを選択しました。雲台へのカメラの取り付けはアルカスイス互換のシューで揃えておきたいため、雲台はサードパーティー製を選ぶんですね。そのための雲台なしモデルです。

旅行で記念撮影をする際などに贅沢に活躍させておりました。脚は細くて貧弱に見えるんですが、そこがGITZOクォリティ。他のトラベル三脚と比較すれば剛性感が段違いにあり、店頭で触り比べればGITZOのトラベラーしか選べないくらいに良いです。

私はけっして裕福ではございません。若くして人より欲深いだけで、無理して買って無理がたたって生活に支障をきたしそうになったら売却するという生き方です。もちろん上記の三脚は3点とも手放してしまい、しばらく三脚のない生活をしておりました。

ただいざという時、なんかヤフオクで売る時にちゃんと物撮りしたい時。はたまた旅先で記念撮影をしたい時。商品紹介用のイメージカットを撮影する時。

やっぱ三脚いるナァァァァッァァ

と自分を焚きつけて再び手を出したのが、一度手放したはずの…

トラベラー1型4段三脚の最新モデル

 

見た目がイカす。笑

決め手となったのは、付属している雲台。少し前からGITZOもアルカスイス互換のシューを採用した雲台をリリースしておりましたが、過去にあったセンターボール雲台のシュー部分だけを改良したもので、でかくて使いづらいものでした。

ところが今回新たに開発されたセンターボール雲台は非常にスリムで、トラベラー三脚にも対応。だったらセットに成ったパッケージで買ってしまえば雲台選びで頭を抱えることもなくていい!

ということで実際の現物がこちら。

20160505-13283-1

20160505-13282-1

スマートで高級感のある佇まい。

トラベラーたる所以は軽量さと、その折り畳んだ際のコンパクトさにあります。

普通の三脚の収納状態

20160505-13290-2-9

 

脚部根元のロックを解除することで脚が跳ね上がる

20160505-13293-2-7

 

こうやって畳んでいくと…

20160505-13296-2-5

 

雲台もすっぽり覆われてコンパクトに

20160505-13297-6

前に使っていたトラベラーの後継モデルではありますが、実は脚も太くなってるんですよね。いわゆるトラベル三脚と侮るなかれの耐荷重10kg。

カーボン製トラベラー三脚ゆえ1.45kgと軽量ですが、それと引き換えに強風などには弱いです。ただ、最近FUJIFILMのXシリーズのカメラを良く使うのでその辺りのカメラとは重量・サイズ感的にもベストマッチではないかな、と。

もちろんフルサイズ一眼レフのNikon D810でも使いますよ!というか三脚これしかないから選べないですが。笑

とはいえ不足があるかというと、強風時や望遠レンズでの低速シャッター時くらい?やっぱり持ち歩くには小さい・軽いは正義で、三脚を気軽に持ち出せるメリットの方が計り知れないと思います。

では使用イメージを伝えるためのイメージ写真を…。

FUJIFILM X-Pro2と

20160503-13362-17

20160503-13353-16

 

Nikon D810,VR 70-300mmと

20160503-13419-1

やっぱり機材は性能に加えて見た目も大事ですよね。満足してます。