高すぎて中々増えていかないMy SONYシステム

発売時から品薄の続くレンズが多いSONYレンズ。品薄商法??

そんな中でも特に品薄感を醸し続けているであろうレンズが多分コレ。F4通しで幅広い領域をカバーしたやや高倍率な標準ズーム「FE24-105mm F4 G OSS SEL24105G」です。

半年ほど前にPENTAXの大三元レンズ3本と一緒に大人買いしていた、このレンズ。あまり使うヒマがなかったのですが、とりあえず一度は記事にしてみようと思います。

F4と侮るなかれ、ボケの美しいレンズ


高倍率な標準ズームゆえにあまりボケ味には期待していませんでしたが、非常にボケが柔らかくて美しいレンズです。

(ブログに直貼りだとグラデーションがガタガタしてしまってますが…)

また、開放から非常にシャープネスも高いため過度に絞り込んで使う必要もなく、F2.8の大口径ズームに対して開放F4ということのデメリットはあまり感じることはないのではないかな?と思います。

クローズアップが得意


24-105mm 4のパイオニアといえばCanonのEFレンズだと思うのですが、焦点距離のカバー範囲は広いものの最短撮影距離が45cmと長く、接写には強くありませんでした。

<

私も初めてCanonに鞍替えした際ににAPS-HフォーマットであるEOS-1D Mark IVで使用していました。

その時には特に違和感もなく、AFも速くて使いやすいレンズだと感じ、満足して使用していました。

その後、フルサイズのEOS 5D Mark IIIにカメラを買い換えた後に、より高画質を求めてF2.8通しの大口径ズームに買い換えてしまいました。古い写真を見返すと24-105mm F4で撮影した良い写真もたくさん出てくるんですけどね。

今では同じくフルサイズ用の24-105mmがSIGMAからも発売され、CanonからもII型が発売されています。ただ、それらはやはり最短撮影距離は45cm。この24-105mm F4クラスはこれが相場なのだろうと感じさせられます。

話は戻って、SONYのこのEマウントミラーレス用のFE24-105mm F4 G OSSは、最短撮影距離が全域で38cmまで短縮されています。

全てのレンズの中で考えれば極端に「寄れる!!」とはいかないとは思いますが、フルサイズ用の〝F値固定式標準ズームレンズ〟としては非常に頑張っているほうです。

他社製の24-105mm F4の最短撮影距離45cmと比べれば、実に7cmの短縮。7cm寄れるんですよ?実際の撮影シーンを思い浮かべるとその寄れる具合が想像できるのではと思います。

ポートレートのクローズアップカット

いわゆるブツ撮りにも便利

機材などを撮影する程度のブツ撮りであれば、マクロレンズはなくとも正直このFE24-105mm F4 G OSSで賄えるのではないかと感じています。

撮影倍率0.31倍ですから、大方のものは大丈夫です。

レンズが高価なSONYフルサイズシステムだからこそ、レンズを厳選して選ぶならぜひこのレンズをお勧めします。