前回に引き続き、今度は羽田空港のデッキから夜間の撮影です。

 

ブログに直接アップするとグラデーションが破綻しますが、全体的なイメージはつかめるでしょうか。

 

 

質感描写も非常によく、また局面である白い機体の立体感もなかなかです。

 

ふと上を見上げると月のそばを飛ぶ旅客機に気づきました。無線で位置確認をしているであろう猛者の方々もスルーしていたので、おそらく着陸できずに空港付近を周回していたのでしょうか…。

とりあえずラッキーでいい絵になりました。

 

完全に日が落ちてからはD500の暗所AF性能と70-200mm新型の高速AFの凄さを実感できました。もちろん暗いので感度を上げざるを得ず、画質は気になりますが。

 

それとカメラ本体の連写性能は秒間10コマと高速なので、旅客機の赤いランプの点灯時を収めるのが非常に簡単でした。

 

以上、D500+ AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VRの夜間撮影での性能についてでした。